SSブログ

ヨーロッパで、列車移動。 [ ┗ 海外旅行]

仕事で少しだけドイツに居たことがって、
週末は中古のアルファロメオ [車(セダン)] で、オーストリアやスイス、イタリア、チェコまでドライブしていました。
ウィーンも、ザルツブルグも、ミュンヘンも、その中古車で行ったことがあるのですが、
今回は同じルートを列車で移動 [電車] です。

ウィーン [電車] ザルツブルグ間は、オーストリアの国鉄“QBB”を使います。
P1090111.JPGP1090112.JPG
出発までの時間は、こんな専用ラウンジで休憩。  もちろん飲み物、スナックも無料です。

実は、日本感覚で、年末年始は帰省ラッシュと重なると思い、
ウィーン⇒ザルツブルグ間は、事前に旅行会社で予約をしてもらいました。( 混むと思ったから、おまけに1等を )
でも、実際に乗り込むと車内はガラガラ。 
ヨーロッパでは、年末よりもクリスマスに帰省をするのですね (^^;

それに、日本人感覚だと戸惑うのが、列車の乗り方。
列車のところまで行っても扉が閉まっているから、まだ準備中かと思ったら、
緑色のボタンを押して自分で開けるのです ( 地下鉄や路面電車もそうでした )
改札もないし、出発する時に “ピー” とか “プー” とかの合図もないので、これにも要注意です。
P1090156.JPGP1090153.JPG
自分の席を探すのにちょっと迷いながら座席まで行くと、
予約済みの席には席番号のところに白い紙が入っています。
逆に、何も入っていないところは、誰も来ないってこと。
乗ってから、1等よりも快適そうな個室のビジネスクラスがあることを知って、そちらへ移動することに。
白い紙が入ってないところに座っていて、車掌さんが検札に来たときに差額(プラス15ユーロ)を払います。
P1090126.JPGP1090150.JPG
写真は、お高級なお席なので、車掌さんが運んできてくれたガス入りの水とウィーンで買ったMIKADO(ポッキー)。

ちなみに料金は、
ウィーン⇒ザルツブルグ(約3時間) 乗車券78.20ユーロ+1等18.00ユーロ+ビジネス追加15.00ユーロ ≒ 13500円
ザルツブルグ⇒ミュンヘン(約2時間) 乗車券58.00ユーロ ≒ 7000円
でした。


日本でも新幹線以外は列車に乗る機会がないので、珍しくて車内をウロウロしていると、
食堂車があることを発見!
今の若いコは知らないと思いますが、昔は新幹線にも食堂車があったのですぞ。
P1090348.JPGP1090141.JPG
そんな感傷にひたりながら食堂車で注文したのは、フランツ・ヨーセフ1世の大好物だった “カイザーシュマーレン”
ガイドブックに紹介されていたのに、ウィーンでは見付けられなかったのに、こんなところで出会えるとは。
食堂車が快適なので、ザルツブルグ⇒ミュンヘンの移動の時は、
指定席を取らずに食堂車で飲み食いして過ごしましたとさ (^^)



☆おまけ
ドイツ語を習うのにミュンヘンとザルツブルグの間にある小さな町の語学校に通っていました。
今回はミュンヘンに向かう列車を途中下車して、10数年ぶりにその町にも寄ってきましたよ (^^)
P1090358.JPGP1090365.JPG
ふふふ♪  めぎさん、ここもどこだかわかりますかな?
  ヒント : 湖に浮かぶ島には、ルートビッヒ2世が建てた王宮があります。
       去年、テレビ番組の “世界不思議発見” にも登場しました。


nice!(20)  コメント(27) 
共通テーマ:旅行

nice! 20

コメント 27

Krause

この王宮、フランスの何かに似ていますよね。
私のドイツの出稼ぎ先もこの辺りなのです。ローゼンハイムかトラウシュタイン辺りに滞在されていたのですか?トラウシュタインにはお気に入りのイタリアレストランがあり、グラッパを覚えたのもこのレストランなのです。
by Krause (2009-01-23 11:40) 

くっさん。

★Krauseさん コメントありがとうございます。
左の写真は王宮じゃなくて、町の真中にある教会とお店の写真です。
説明悪くてスミマセン(^^;
正解はまだ言えませんが、“ローゼンハイム”は近くでよく行きましたよ。
かすっています(^^)
by くっさん。 (2009-01-23 12:58) 

HIRO

こんにちは。
相方羨望の欧州汽車旅ですね。
新幹線以前に、この春で無くなる東京〜九州間の寝台夜行列車にもありましたが>食堂車(笑)
by HIRO (2009-01-23 13:13) 

kaoru

こんにちは。
時間がゆっくり流れているようで
優雅な旅で素敵ですね♪
こんな列車の旅って憧れです。
新幹線の食堂車、大好きだったので懐かしいです。
by kaoru (2009-01-23 14:03) 

Krause

こっそり追記:
すいません、私も説明不足でした。「キーム湖に浮かぶ島にあるこの王宮は、フランスの何かに似ていますね。」ということでした。
by Krause (2009-01-23 14:19) 

イナテツ

福井のJRの普通電車も扉の開閉はボタン押してです (^^)
食堂車懐かしいですね、その昔福井-大阪間の特急電車雷鳥にも食堂車が1両必ずありました♪
by イナテツ (2009-01-23 15:07) 

tomickey

日本でいうところのグリーン個室でしょうか?
すごく快適そうな車両ですね!
乗ってみたいです~(*^_^*)
by tomickey (2009-01-23 17:04) 

めぎ

はーい、わかりますよ~♪
この島、ヘレン島っていうんですよね。でも、そのヘレンはヘレン・ケラーのヘレンじゃなくて、男たち、という意味のHerrenです。
ドイツ人たちはたいてい、ノイシュヴァンシュタインよりこちらの城の方を勧めます。
それにしても、くっさん、素敵な旅をしてらっしゃいましたね~
列車のビジネスクラス、めぎは乗ったことないなあ。
あ、最近の最新型のICEでは、紙じゃなくて電光掲示板になってますよ。
でも、この紙の感じがいいですよね~
by めぎ (2009-01-23 18:34) 

derosa84

僕は食堂車の経験がありません。
かろうじて上越新幹線のビュッフェの経験があるくらいです。
そのビュッフェももうないような気がします。
さすがヨーロッパ趣がありますね。
生きているうちに一回はツールド・フランスか
ジロ・デ・イタリアを見てみたいです。
by derosa84 (2009-01-23 20:03) 

barbie

パリのメトロも路線によってはボタン式の開閉でした(^^ゞ
さすがくっさん。さん、個室のビジネスクラスとは(^_-)-☆
ヨーロッパで食堂車経験してみたいです。
by barbie (2009-01-23 23:23) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

ヨーロッパは汽車の旅は未経験です。
何時かは・・・・
とは思うのですが、往復時間を考えると車になりますね。

by BPノスタルジックカーショー (2009-01-24 05:26) 

ぽりぽり

くっさんの思い出の地なのですね?! ドイツ語留学ですか?羨ましいです。 1等車、豪華ですねぇ。食堂車のある列車は、日本では殆ど無くなっているので、ヨーロッパの鉄道の旅ってやってみたくなりましたぁ~。
by ぽりぽり (2009-01-24 09:42) 

Go-Ray

わーい、「世界の車窓から」くっさん。編だ!
列車の中も落ち着いて良い時間を過ごせたんですねー。
列車に身を預けての旅も、ゆったりしてとても良いものですよね。
食堂車に長居しても怒られなかったのか、ちょいと気になるところではアリマス(笑)。
もとアルファ乗りのくっさん。による、「中古のアルファ」インプレッション楽しみです。155?
by Go-Ray (2009-01-24 13:08) 

kotobuki1946

列車の旅はいいですね。
国外の初めての列車の旅はバルセロナからフランス国境まででしたが、
車の旅行はフロントポーチを見ながらの旅行。 列車はバックヤードを見ながらの旅行。 本当はバックヤードの方が変化と趣があって、その国の本当の生活が見えますね。 食堂車最高。
by kotobuki1946 (2009-01-24 21:05) 

ふくちょ〜

国によって鉄道事情も違いますね。
子供の頃「鉄ちゃん」だったので、興味津々見ておりました。
寝台特急の食堂車は、よく利用してましたね~。
by ふくちょ〜 (2009-01-25 09:23) 

YUK

ドイツとオーストリアはいつか行ってみたいところです。
日本でも田舎の方にいけばドアを手動で開ける1~2両の電車がありますよねw
世界の車窓から、、みたいですね^^
優雅だぁ。。
by YUK (2009-01-25 12:38) 

くっさん。

★HIROさん こんにちは
やはり寝台夜行列車にも食堂車ってあるのですね。
寝台列車って、1度しか乗ったことがないので、分かりませんでした。
あの北海道へ行くやつは、いつか乗ってみたいです。

★kaoruさん こんにちは
同じ食堂車でも、帝国ホテルや都ホテルの時は美味しいとかありましたよね。
子供の時は、新幹線が退屈で、食堂車へ行くのが楽しみでした(^^)

★Krauseさん こっそりコメント、ありがとうございます。
かすっていると思ったら、思いっきりど真ん中に当ってました!
それに詳しいし(^^)
(ヘレンキームジーは、ベルサイユ宮殿を模しているのですよね)
キーム湖の湖畔のプリ-ンって町です。今度出稼ぎに行かれたら、寄ってみて下さい。

★ イナテツさん こんにちは
路面電車に乗るときに、ドアが自動で開くものと思って、ドアの前で突っ立ってしまいました。
見かねた乗客の人が中から開けてくれて、教えてくれました(^^;
イナテツさんなら、そんな恥ずかしい思いをしなくても大丈夫ですね。

★tomickeyさん こんにちは
けっこう空いていたので、日本みたいに2人部屋とかじゃなくて、
広いスペース(4人掛け、6人掛けも同じスペース)を2人で占有できました(^^)
快適でしたよ!

★めぎさん こんにちは
おおおっ、流石に大当たり!! 湖畔のプリーンって町の語学校に通っていました(^^)
めぎさんも行かれたことがありますか?
日本のテレビ番組では、ルートビッヒ2世が建てた城として“ノイシュバンシュタイン”“ヘレンキームジー”と“リンダーホーフ”の3つのお城が紹介されていました。
プリーン駅からキームジー湖畔まで、可愛い機関車が走っていて、これもオススメです。
( 実は、今回乗れると思っていたら、ハイシーズンのみ運行とのことで動いてませんでした )

★derosa84 さん こんにちは
僕の海外旅行の中で一番の自慢は“ツールド・フランスを見たこと” 
なのです (偶然居合わせただけですけど)
凱旋門近くのレストランから出てきたら、ちょうどツールド・フランスのゴールでした。
今まで、誰に言っても、この感動を分かってくれなかったのですよ(^^;
by くっさん。 (2009-01-26 17:19) 

くっさん。

★barbieさん こんにちは
ブログに“ヨーロッパでの電車の乗り方”を書こうと思ったら、
Barbieさんの記事の方が詳しかったです(^^;
電車でいろんなところへ行かれているので、驚きました!

★BPノスタルジックカーショー さん こんにちは
日本の自動車出張もスゴいと思っていましたが、
海外でも自動車移動ですか!?
僕も基本は自動車ですが、今回は片道なのと、雪道が心配だったので電車にしました。
たまにはいいものですよ(^^)

★ぽりぽり さん こんにちは
仕事で行かしてもらったのですが、せっかくの機会なので週末には遊び歩いていました(^^)
同じ場所へ行っても、休みで日本から行くのと、むこうで生活していて行くのでは、
“いつでも行ける”っていう気持ちのゆとりが違いますね。
次回は、もう少し長期で行ってみたいです。

★Go-Ray さん こんにちは
長居をしていると、ハタキで掃除に来るとか… (^^)
ヨーロッパは、3時間ぐらいかかって晩御飯を食べる国ですから、
それぐらいは大目に見てくれました。
本文の“中古のアルファロメオ”をクリックしてもらうと
過去記事にリンクしていますので、よかったら見てみてください。 164です。

★kotobuki1946 さん こんにちは
全くその通りですね。
今回もいろんな家の裏庭を眺めながら過ごしました(^^)

それと今回驚いたのは、ユーロ圏だと列車も飛行機もパスポートの検察がないことです。
もちろん通貨も一緒だし、国境をいつ越えたのかわからないぐらいでした。

★ふくちょ〜さん こんにちは
うちのストーカーが鉄ちゃんぎみ(?)なので、列車旅行にしました(^^)
本当は蒸気機関車にも乗れると思ったのに、そちらは夏季しか運行されていなくて、
乗れずに残念でした。

★YUK さん こんにちは
この語学校がある小さな町には、小さなSLが走っているのですよ。
珍しいので“世界の車窓”からに登場しないかと見ているのですけどね(^^)
今回は、残念ながらオフシーズンで走っていませんでしたけど。
by くっさん。 (2009-01-26 17:19) 

いぬのきもち

電車の旅は優雅でいいですね!
車窓の異国の風景を眺めたりしながら、ウトウトと寝たりして・・・のんびりとした時間が過ごせますね!
ドイツ語を習っていたとはスゴイですね!
私は大学でドイツ語でしたが、再履修でした・・・(カコワルイ)
by いぬのきもち (2009-01-27 00:09) 

くっさん。

★いぬのきもちさん コメントありがとうございます!
「ドイツ語、喋れるの?」とか「ドイツ語喋ってみて」というのはヤメてくださいよ。
同じく大学のドイツ語は再履修組でしたから…(^^;
by くっさん。 (2009-01-27 12:34) 

アマ

ドイツ語、フランス語・・・日本語以外はサッパリです。
・・・日本語も完璧とはいえませんが ♪~ ( ̄ε ̄;)

お写真を拝見しているだけで 楽しいです(^^)
ドイツ~オーストリアって素晴らしい所ですね~
by アマ (2009-01-27 22:36) 

HIRO

こんにちは。
新幹線の北海道延伸が決まったみたいなので、食堂車の付いた寝台特急は「乗るなら早い内...」と相方がうるさいです(笑)
くっさんの所からならトワイライトエクスプレスかな、上野発のカシオペアとか北斗星もあるけど
by HIRO (2009-01-28 09:07) 

Go-Ray

あー、すみません、忘れてました(大汗)。
しっかりコメントまで残していたんですけれど…
今回はゴルフ5だったのですね!しかもマニュアルで、楽しかったのではないでしょうか?
by Go-Ray (2009-01-29 00:57) 

くっさん。

★アマさん こんにちは
ドイツに居る時に、ドイツやイタリアの田舎へ行くと言葉が全く通じませんでした。
ボディーランゲッジと筆談(絵を描いて)で乗り切りました。
言葉が出来なくても大丈夫ですよ。
日本語が出来ないのはマズイですけど(^^)

★HIROさん 再コメント。ありがとうございます!
最後尾の車両の予約が取れなくて有名なヤツですね。
いつかは乗ってみたい! HIROさんと、どちらが先になりますかな(^^)

★Go-Rayさん こんにちは
ワクワクする車ではありませんが、けっこうよく走ってくれましたよ。
自分で行くと寄り道しながら行けるのがいいですね(^^)
by くっさん。 (2009-01-29 17:29) 

ももず

ヨーロッパの電車はベルがないのでちょとドキドキでした
でもちゃんと車掌さんが見てるんですけどね
ドイツは英語が通じないとこ多いですよね
それで路面電車ただ乗りしましたが(笑
ウィーンからミュンヘンまで寝台車で行きましたが
電車は一等にかぎりますねっ。それ以後かならず一等を取ります。
食堂車あるならいいですねー楽しそう♪
by ももず (2009-01-30 17:19) 

くっさん。

★ももずさん コメントありがとうございます。
ドイツやイタリアの田舎町へ行くと、ホテルでも通じないことがありました。
そんな時は、ボディランゲッジあるのみですね。あと、絵を描くとか…(^^)

寝台車っていいですね! 次回は、それを体験してみたいです!
by くっさん。 (2009-02-03 08:30) 

フェラ

なるほどー
by フェラ (2010-04-28 16:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。